いつたのうちのはなし

日常記録絵日記

今日のいつた20190303

f:id:itu-ta:20190303183056j:plain

いつたは ちゅうじえん に なった !

さかな の ほね も ささった !

 

正しくは今日ではなく6日ほど前の深夜のことです。

 

お風呂を済ませてから機嫌がすこぶる悪く、口を気にして「みずちょうだい」と何度も水を飲んでいました。

その日の晩ご飯は夫が魚(イワシ)を丸ごと塩焼きにしていて、骨を取り取りいつたにも食べさせていたのですが、いつたは何を思ったのか魚の頭をがじがじ噛んだりしていまして。

もしかしたら骨が刺さったのか…!?

と思い口の中を見るとのどの奥に骨が刺さっているのを発見。

自力では取れないと判断し、夜間救急を行っている病院に相談してみようかと話し合っていた、その時。

 

「みみがいたぁぁい!!!!」

 

みみ!?みみって耳!?口でなくて、耳??

それから、泣き苦しむ我が子に少しずつ状況を聞き取ると、口の中も耳も両方痛いと。

夫は「骨が取れたら耳もいたくなくなるんじゃないかな」といい(理屈はさっぱりだがとにかく楽観的)、私は(魚の骨と耳は関係ないと思う…耳の方が心配だ…どうしよう)とすごく気持ちが重苦しくなり、状況は混沌としていきました。

 

22時台だったので、もう夜間救急も終わる時間帯。問い合わせの結果『耳はもう診てもらうことができないので明日受診。魚の骨はとりあえず診てくれる』とのことで、急いで向かいました。

結果、魚の骨はなんとか取ってもらえて(本当にありがたかったです!)いつたも多少落ち着いた様子になり、なんとかその日を終えたのでした。

 

翌日いつたをつれて耳鼻科を受診すると、急性中耳炎…なっていました。。

 

いつ耳に水が入ったんだろうか…我が家は夫がいつたをお風呂に入れる係(基本的には)なのでお風呂の様子はわからないけど、2人で気をつけなければ。

そして魚の骨は完全に私がちゃんと子供を止めなかったから起こったこと。

ここ何日かは悩みと反省で落ち込んでいたところです。

 

中耳炎の治療(お薬)はもうしばらく続きますが、やっと私も気分が落ち着いたので(すっごくジメジメしためんどくさい性格です)久しぶりに更新いたしました。

 

魚の骨と中耳炎のダブルパンチ…さぞつらかったことでしょう。

ごめんよいつた!