いつたのうちのはなし

日常記録絵日記

近所の桜報告

f:id:itu-ta:20190413185353j:plain

以前の記事でもちらっと書いたかなと思うんですが、私の夫は季節の行事やらに敏感です。

 過去記事は↓こちら。

 

www.itutanchi.site

桜の季節は短いので、今年も私たちの住んでいる地域では桜が散っていっております。

近所の道の脇に桜の木があるんですが、夫は毎年その木の様子を教えてくれたりします。

つぼみが膨らめばもうすぐだとわくわく、花がつけば咲いた咲いたってうれしげに。

 

朝、仕事に向かったと思ったらまたすぐ戻ってきて(玄関が開いて)何かと思ったら

 

「あそこの桜もう散ってる…」

 

すっごくしょんぼり、朝の低いテンションがさらに下がったような表情でそんな報告をしてくれました。

このあと私も仕事だから自分で見れるのに、わざわざ一度出て閉まった玄関を開けてまで。

 

「そっかー」

って返して、しばらくしてから

『ああ、微笑ましくってかわいいなぁ』と

自分より年上のおっさんに萌えたおばはんは私です。

 

そんな回想をしていて今思い出せたことが1つ。

以前、夫に「季節の移り変わりとか、花とか好きよね」って聞いたことがありまして。

その時の返事が「いいや、僕は別にそうでもないよ」でした。

「いつさん(←私のこと、仮名)がそういうの好きみたいだから」と。

夫に言わせれば、私の方がよっぽど季節のことやら行事のことやら、お花だとか食べ物だとか気にしているらしい…。そうだっけか。

私との話題としていいと思って話してくれていたようで、暖かい気持ちになったことを思い出せました。

 

私と夫は、いわゆる交際期間が短めで、すぐ結婚を意識してそのまま実行した感じなので、相手のことをよくよくしっているというよりは今でもお互いに知り合っている途中であったりします。

何を好んで、何に意識が向きやすいのか、ものの考え方とか、まだまだ知らないことが山のようにあります。(もちろん、相手のすべてを知ることは無理だし、そこまでは必要ないとも思うんですが。)

私はぼんやりで怠惰なので、夫の方がより寄せてくれている感じです。

ありがたくて尊い…!

私も同じくらい夫に配慮して、楽しい話題など見つけられるようにしたいところですが…。

うーん…車、バイク、自転車、釣り……どれも詳しくない。知識が浅すぎて話題どころでない…。

まだまだリサーチがたりないようです…。