いつたのうちのはなし

日常記録絵日記

体調不良(というか皮膚トラブル?)の6月…。

f:id:itu-ta:20190712110701j:plain

いつたのぶつぶつはとびひになってしまった!

6月が終わり7月に入ってしばらく経ってしまいましたが、今年の6月は見事に季節の変わり目の影響をうけたというか、体調不良がひっきりなしに訪れるひと月でした。

 

まずはいつたにあせもが発生し、ちょうどそのときいわゆる胃腸風邪というか、消化器系の調子が崩れていたためそっちに気を取られ対応が遅れ…。

 

気がついた時にはとびひが発生…、かわいそうなことになってしまいました。

 

保育園では水遊びシーズンに入っているというのに、とびひのため水遊びが出来ず…。体はかゆいのに掻かないでと言われ…皮膚科でもらったお薬をいろいろ塗られ…フラストレーションの溜まった4歳児。

 

いや、すごく大変でした…。仕方が無いけども。

 

母は手足口病になってしまった!

6月当時の保育園ではとびひではなく手足口病が流行っていました。

(ウイルス感染によって手足、口の中に発疹(水ぶくれみたいな)が出来てしまう病気です。後々爪がはがれたりすることもあるらしい)

 

いつたは運良く手足口病にはかかりませんでした。(去年の夏頃に一度かかっているからかもしれません)

 

でもなぜか私がなってしまいました…。手足口病に。

なんでだ。

 

ウイルスなので、くしゃみとか排泄物とかそういう経路でかかるものですが、いやいや保育園には送り迎えでしか言っていないのに…!

 

私ったらウイルスに弱すぎやしないか!?

 

最初は、39度の高熱でした。その時まだ仕事中で退勤まで2時間というところ。

体が重怠く、酷い寒気に襲われました。

のどの奥が強烈に痛くて、手首あたりに小さな発疹が。

 

なんとか耐えて退勤後、夫に助けを求め車を出してもらい、いつたをお迎えしてから病院へ。

手足口病は基本対処療法(夏風邪のような位置づけ?)なので、解熱剤など何種類かお薬を処方してもらいぜーぜー言いながらなんとか帰宅。

 

あーだのうーだのいいながら一晩苦しみ。

翌日は起き上がれない(連れて行けない)ので仕事と保育園を休み。

とびひで機嫌最悪の4歳児いつたと一日家ですごし。

その後週末含め3日ほど痛みに耐え…。

 

いつたのとびひも治まったし、私もやっとなおったぜ!とほっとした時に思い出しました。

 

あれ…、そういえば去年いつたが手足口病になったとき…。

私ももれなく感染していなかったっけ?

足が痛くて歩けなかった記憶が… … …。

 

 

…何回かかってんだよ!!

ウイルスに弱すぎだろぉ!!

 

 

抵抗力を上げる方法でもググろうかと思います…。